読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京の隅っこ

渋谷で働く平社員の雑記

やったことリスト

日記

やるべきこと・やらないといけないこと・やった方が良いこと・やりたいこと・やったこと

それぞれ全部できるのなら良いけど、時間も体力も限られているし、出来ることと出来ないことがある。 取捨選択が必要だけど、やるべきこと=やりたいことではないかもしれないし、やるべきことを全て出来ないかもしれない。 これらは出そうと思えばどんどん出てくるけど、実際にやらない・やれなかったことで積み上がってしまい、出来ないことばかりが重くのしかかってメンタル的にもげんなりしてしまいかねない。

だから出来なかったことを積み重ねるよりも、出来たことを積み重ねていくのもアリという観点で、やったことリストというものを作ってみた。

何を使って整理しているのか

自宅でも会社でもMacを使っているので、色んなソフトがある。もちろん有料のもあれば無料のものもある。 以前購入して使ったり使わなかったりして、結局使いこなせないままSSDの奥深くに眠っているOmniFocusを使うことにした。 あとちょっと前からアウトライナー実践入門という本を読んでいるので、OmniOutlinerも使ってみることにした。

OmnitFocusでやってること

OmniFocusにプロジェクトを作る、例えば【2016年7月にやったこと】という名前の入れ物、その中にやったことをアクションとして入れ込んでいく。

アクション=タスクという考え方なので、アクションを作る=既に完了している=チェックアウトという感じ。 変な感じもするけど、そういうやり方なので、とりあえずそのまま進めてみる。

開始日・期限日・完了日なども入れられるので、いつ始めたかはさておき、完了日を入れておくと振り返るのにも良さそう。 アイデアを出す時と同じで、とりあえず大枠(2016年7月にやったこと)を作ったら、細かい分類はせずにどんどん放り込む、プライベート・仕事とかそういった分類は月末のふり返りとか半月のふり返りとかでやってみるのも良いかもしれない。

最初から細かい分類をしていくと、分類するのが仕事になってしまって、疲れそうだし本質からずれちゃいそうな感じがするので気をつけたい。 他には本もどこまで読んだのかをざっと可視化するために、書籍名をプロジェクトにして、その中で1章を1アクションとして作成して読み終わったらタスク完了とするようにしてみたり。

OmniFocusの本来的な使い方とはちょっと異なっているかもしれないけど、色んな使い方が出来るのは面白い所かな。

OmniOutlinerでやってること

今のこの記事を書いてる。アウトライナーの使い方とか実践という意味も込めてやってみているけど、意外と良い感じに整理して書けてるかなという感触。

アウトラインを決めて書こうというんではなくて、見出しを書く→内容を思ったままに書いてみる→一つの句点で一行とする→とりあえず書きたいことがまとまったら、次の見出しへ…という流れを繰り返してみてる。

アウトライナーってこれどっかでやったことあるよなーとか思ってたら、はてな記法がまさにそのまんまだった気がする。 1年ちょっと前にアウトライナーに出会って、会社で企画書を書くときとか考えをまとめる時にやってみてたのだけど、あんまり馴染めなかったのです。 でも最近はてな記法で文章を整理することが多くて、なんかもっとこう汎用的に出来ないかな〜とか考えていた折にアウトライナー実践入門が出版され、それを読んでいるとはてな記法じゃん…と。

OmniOutlinerは見出しに色が付けられるので便利、白地に黒い文字だけだと階層型になっていても段落がパッと分かりづらかったりするので、色を付けるとどこからどこまでが何について書いているのかが分かって便利。

しかしOmniOutlinerはそこそこイイ値段するのが結構な悩み、便利だけどね。

iPad mini4でのスプリットビューとスプリットオーバー

日記 Mac

iPadにServerauditorというアプリがあって、iPadからssh接続が出来るのです。

画面が小さいけど、画面半分はKindleで技術書を読みつつ、もう画面半分はServerauditiorでsshしてサーバー触りつつができればPCいらないし一石二鳥!

ということを考えていたのですが、iPadKindleアプリはスプリットビューにもスプリットオーバーにも対応していないことが実機を触って判明。。。

iPadBluetoothのキーボードを接続して、これができればすごく軽量化できるのではと思っていたのです。 うーん、つらい。

こうなるとPCは必須でiPad miniKindle表示させながらということになりそう、視線の移動がちょいちょい発生しそうなのでどうなんだろうという気もしつつ、仕方がない。

一年ぶりの更新です

日記

ほぼ一年ぶりの更新です、嬉しいことに昨年の春に内定をもらった会社で今も勤務しております。 なかなか忙しいこともあり、文章を書いて遺すということができなかったのですが、一年前のことを思い返すと、毎日転職活動をしていてもっと忙しかったなぁと。 そう思い返すことが出来るのも、こうやって文章に遺していたからということを考えると、小さなことでもちゃんと遺さないとですね。

こう、出かけて家に帰るとやる気がなくなってしまうので、何とかしないとと思いながら日々頑張ってます。

内定いただきました

仕事 日記

2月頃から始めた転職活動にやっと終止符が打てそうです。
お陰様でいくつかの企業から内定をいただきました。
どれにするかはまだ決まっていませんが、心の中では決めています。

自分はいわゆる普通の人よりも相当変な人生を歩んできたのですが、
いつも思うことに「離婚と退職は似ている」という気がします。

何か大きな出来事があって退職する人もいれば、新しいチャレンジを求めて、
小さなことが積み重なってなどなどあると思います。
そして入社する時は終わりを決めて入る人はあまりいないと思うのです。

思い返せば、2010年に都内で開催されたIT勉強会に参加して色んなものを見聞きして
それを書き残そうとしていたのがはてなダイアリーでした。
書いたり書かなかったり、書けなかったりでだらだらずるずるやってきたけど、
こうやって日々思ったことを書き残すことの大切さを最近感じます。

何をやってきたのか、何をやるのかは別の機会に書ければいいなーって思います。


ただ一つ言えるのは、人生何が起こるか分からないし、そのちょっとの行動や
ちょっとの出会いがなければ、たぶん転職先に応募することすらなかっただろうと。
そう考えると、全て見えない何かで仕組まれた運命だったりするのかもしれないね。

なんて思いつつ、取りあえずの記録でした。

続々転職活動

日記 仕事

いつも思うけど、離婚と退職は似ている気がします。
誰しも最初から離婚・退職することが前提で結婚・入社することはないでしょう。
もちろん一部は例外があると思いますが。

転職活動は変わらず継続中。
一次面接までいけるところもあれば、書類で落ちるところもあり、一進一退な感じ。
でもなかなか一次面接から先にはいけない。

いわゆる"総合的な判断"なんだろうけど、なかなか合う所が見つからない状態。
今まで色々な会社で色んな環境で幅広くやってきたけれど、評価してくれるところは
評価してくれつつ、他者との兼ね合いにより~という状況。


あといくつか受ける面接が決まっているところはあるので、そこがダメだったら
あと一年頑張ってというのも一つの道かもしれない。

続転職活動をしていて思うこと

日記 仕事

継続して転職活動中。

夜中に応募して、その2分後に「検討を重ねた結果…」・・・・・・いや絶対に見てない。
きっと転職の会社数や学歴でフィルタリングしていることは間違いないけど、さすがにこれは
ちょっといくらなんでもないなぁ。。
フィルタリングで自動返信するにしても、もうちょい色々考えてシステム組んだ方が
良いんじゃないかと思いました。
さすがに10分もないわと思ったけど、それを超える2分・・・・

リクナビに「辞退をする前に不安なことを聞いてみましょう」とあったので聞いてみた。
募集要項と自分の経験とスカウトのメッセージがややちぐはぐな感じ。
なので「これこれこういう経験なので、どういう点が活かせると感じたのでしょうか?」と
送ったところ、数日放置の末にきた回答が・・・
要約すると「今回の募集で結構反響あったから、もう締め切りました」以上、これだけ。
数日放置の上に質問に対する回答もなく、一方的なシャットアウト。


締め切ったのは分かったから、とりあえず質問には答えて欲しい。

なんだかなぁって感じのことばかりです。

転職活動をしていて思うこと

日記 仕事

色々と訳あって最近転職活動をしています、もちろん会社は辞めていません。

今まで人事を主業務でした経験はないのだけど、転職活動をしていてよく思うのが
お祈りメールでものすごく凹む。
よく新卒の就職活動とかでも話題にのぼるけど、ほんと凹む。

もちろん今までの経験と積み重ねてきたもの、キャリアの志向、それらが応募先の
企業にマッチするかどうかが大事なのだけれど。
でも転職サイトで応募して数分で検討しますメール、その数分後(応募から10分ぐらい)に
お祈りメールが来た時には凹みを通り越して、その企業にヘイトな感情を持ってしまった。

視点を変えて、そんな企業に応募して書類通って面接行って、運良く入れたものの
やっぱり合わないから辞める・・・っていうムダな時間を使わなかった(かもしれない)から
ヨシとしようという考え方もあるとは思う。
でもさすがに応募10分でって、きっと転職回数やら何かをシステム的に判断して自動的に
処理をしているんだろうか。。って考えてしまう。


よくクレーマーを生んでしまう理由に、顧客の期待値とサービスレベルが噛み合ってないって話があります。
顧客が高い期待値をもって臨んだのに、サービスレベルが低くてクレーム。
これを面接に置き換えてみると、すごく手応えがあったのに返ってきたのは通り一辺倒なお祈りメール。
ガックリと肩を落として沈み込んでしまうし、あんなに盛り上がった面接はなんだったんだろう・・・と
余計な方向に考えが向いてしまいかねない。
そして結果連絡を受ける前まではノリノリだったのに、結果を受けてからはヘイトな感じに。

断り方ってたくさんあるし、きっと変に波風を立たせないための一つの様式美として落ち着いちゃった感じもするけど、
すごく盛り上がった面接だったら、なおのこと落とした理由を知りたくなるし、教えて欲しい。
フィーリングが合わないとか、直感的にダメだと思ったとか、抽象的過ぎて何とも言えない文章になるのかもだけど
「上手い断り方」ってのはお祈りメールだけではない気がしてならない。
とっても難しいだろうことは分かるけど。


そして面接の場というのは、企業が応募者を選別する場であると同時に、応募者が企業を選別する場でもあると思うのです。

もう数年前の話、渋谷にあるIT企業の話。
書類は通過、一次面接も通過、二次面接の前に給料の提示をされたのだけど、IT業界での経験があるにも関わらず最低給与での提示。
当時の給料の半分程度だったので、理不尽にも程が有ると思って理由を聞いてみたところ、理由は「活躍できるか分からないから」とかなんとか。
もううろ覚えではあるけど、閉口するような理由でした。
どうしても会社を辞めたかったので、理不尽ながらも二次面接を受けたものの、社長が遅れて到着して
面接の受け答えをやっている途中で「分かりました」と一言述べて退席。
面接を受けている自分、その場に同席していたその会社の社員、みんな一同何も言えない気まずい空気に。。

結果はもちろん二次面接落ちだったけど、万が一にでも通っていたとしても入社はしたくありません。
もちろんそれ以後はその会社は大嫌いになりました、個人の感情ですし、取引はないけれどね。
そういうことを平然とやってのける社長がいるってのにびっくりしたけど、数年経過しても覚えてます。

面接を受けて良かった、落ちたけど仕方が無い、っていかに思わせるか。
良い気持ちにさせてヘイトを増やさないようにするか、そういうのって結構大事なんじゃないかなと思ったり。



自分がもしそうなる立場になったら、しっかり気をつけます。

普段使っているアプリの一部

Mac

普段Macで使っているアプリケーションをちょっとだけまとめてみました。
すべてまとめると10や20は超えてしまうので、ちょっと便利になるアプリでまとめてみました。


1.Alfred

コマンドランチャーです。
導入するまでは実際のところ「そんなに使わないだろう」と思っていましたが、導入して頑張って使うようにしてみたところ、意外と便利でした。
自分の使い方としては、Commandキー2回押しでAlfredが起動するようにしています。

MacAppStoreでも公開されていますが、本家サイトよりダウンロードしました。
有料化してワークフローを使いたいところですが、今の所は無料の範囲で十分です。

Alfred本家サイト

2.Mou

マークダウン形式のテキストエディタです。
画面の左側がエディター部分、画面の右側がビューワーとなっています。
はてなブログもマークダウン形式に対応していますが、まだ慣れていないのもあり、編集した結果がすぐに分かるMouがとても便利です。

現在ベータ版となっていますが、プレオーダーで50%OFFとなるようです。

Mou本家サイト

3.FormatMatch

コピペする際、余分な書式を取り除いてくれるアプリケーションです。
よくMacのターミナル画面からEvernoteへコピペするので、その際にターミナルの背景や文字色までコピペしてしまうのがなくなりました。

4.Freeman

MacAppStoreで1位にもなっているメモリークリーナーアプリです。
よくメモリがいっぱいになってしまうことがあり、気がついた際に手動でメモリ掃除をしていましたが、これを使えば自動的にしきい値を超えるとクリーニングしてくれるので便利です。

5.PopClip

右クリック不要になります。
文字列をなぞる → ポップアップでメニューが出てくる → メニューをクリック これで動作が完結します。
メニューというのは「文字列をGoogleで検索する」とか「リンクを開く」とか「カット・コピー・ペースト」とか「指定したアプリケーションと連携する」などです。
Macは右クリックの反応が鈍いこともあり、導入するまでは使うかどうか半信半疑だったのですが、今ではとても重宝しています。


こんな感じです。
ほんのちょっとのまとめな上に有名所ばかりですが、やはり有名なだけにどれも便利です。

Rain Design mStandを購入・設置してみた

Mac 日記

BenQのモニターを購入し、デュアルディスプレイ環境にしてみた結果、ちょっと不便なことが出てきました。

クラムシェルモードで利用するとミラーリング状態になってしまう

ディスプレイ1枚の場合はMacBookProを閉じていても問題なかったのですが、ディスプレイを2枚にしてMacBookProを閉じると2枚とも同じ画面が表示されてしまうという状態でした。 1枚がサンダーボルト、1枚がHDMIだからなのか、そもそもそういう仕様なのかははっきり確認しませんでしたが、動作がちょっとアレなのでMacBookProのディスプレイも開きっぱなしにして、トリプルディスプレイにしようと。

ディスプレイの高さが揃っていないと、視線移動がちょっと負担

向かって左からDELLの23インチモニター、真ん中がBENQの24インチモニター、右下MacBookPro Retinaという配置です。 メインディスプレイは真ん中のBENQにしたいので、設定もそのように。 インチ数で書くと、23、24、13という最後にちょっとガクッとくる感じです。

液晶ディスプレイ、液晶ディスプレイ、ノートPCという高さなので右側を見る際にどうしても視点が右下になっちゃうんですね。 そして13インチノートを机の上に平置きなので、結構邪魔になるしスペースも使う。 そこでスペースの有効活用、視点移動を楽にすることを目的にスタンドを探し始めました。

そしてRain Design mStandへ

スタンドを色々とぐぐってみたところ、Rain Design mStandという商品が結構よさそうでした。 探した時のポイントとしてはこんな感じ

  • 値段がばかみたいに高すぎないこと
  • レビューが豊富なこと、使っている人がそこそこいること
  • 外観ができればいいもの

【日本正規代理店品】Rain Design mStand アルミニウム製ノートPCスタンド RND-ST-000001

【日本正規代理店品】Rain Design mStand アルミニウム製ノートPCスタンド RND-ST-000001

ちょうど商品画像にMacを載せている写真もあり、商品の質も良さそう、値段はちょっと高い。 この商品ですがスタンドが360度回転するのもあるんですが、そんなに回転することもないし、必要に応じて少しずらせばいいかなと固定式の方を購入しました。

そして実際に届いたんですが・・・

箱がデカイ!!!

f:id:minyou:20141214220132j:plain

中身もけっこうデカイ!!!

f:id:minyou:20141214220530j:plain

でも触ってみるとアルミがひんやりしてるし、質感も良い感じです。 傷っぽい箇所が少々見受けられましたが、金属製だしこんなもんかってレベルなのでスルー。

そして実際にMacBookProを載せてみたのがこちらの画像。

f:id:minyou:20141214220908j:plain

気になる視点移動ですが、ほぼ水平に動かせますのであまり負担を感じません。 そして台の下側がちょっとしたスペースになっているので、タイムマシン用のポータブルHDDとUSB-DACを置いています。

メリット

排熱効果、冷却効果

まだそういう時期ではないので実際にはどうなのかは分かりませんが、浮いていたりアルミが冷たいとかで排熱・冷却効果が少しでも見込めるんじゃないかなと思います。

視点移動の負担軽減

慣れるとあんまり感じないかもしれませんが、水平が右下へ、右上から水平にっていう視点移動は分からない所で疲れちゃうし、負担が積み重なっていきます。 知らず知らずのうちに疲れて、効率が落ちてしまったらもったいないです。

MacBookPro RetinaはUSBポートが二つしかないのですが、1つはタイムマシン用のポータブルHDDで使用、もう1つはUSB-DACで使用しています。 iPhoneをライトニングケーブルで接続したい場合、どちらかを外して付け替えなければいけないため、早々にUSBハブでも用意をしたいところです。

そんなわけでなんだか買ってばかりですが、結構良かったので書いてみました。 「Rain Design mStand」で調べると他にもレビューがあるので、気になったら是非検討してみて下さい、オススメです。

今週のお題「今年買ってよかったもの」〈2014年をふりかえる 2〉

一番のオススメはコップがさね

今週のお題「今年買ってよかったもの」〈2014年をふりかえる 2〉

 

今年一年色んなものを買ったのですが、引き続き改めてAmazonの購入履歴などを元に考えてみました。

2014年で86件もAmazonで注文している中で雑多な感じですが、振り返るという意味でもまとめていきたいと思います。

 

パソコン周り

 ディスプレイ

BenQ 24型ワイドディスプレイ(5ms/フルHD/HDMI×1) GL2460HM

BenQ 24型ワイドディスプレイ(5ms/フルHD/HDMI×1) GL2460HM

 

自宅では数年前に購入したDELLWin8と今年購入したMacBook Pro Retinaの2台で稼働しています。

DELLの方はU2312HMという23インチの液晶ディスプレイを使用しています。
これがなかなか価格コムでも評判が良く、発色も良い感じなので重宝しています。

ただMacを購入してからというもの、13インチのMBPRから外部出力としてDELLモニターを使用し始めたところ、WinとMacの切り替えがめんどくさい。。。

iTunesのメインはWin、ネットはMacツール関係もMacとなっていると側面のスイッチをわざわざ押して切り替えて、押して切り替えて…を繰り返すのがおっくうに。

そして昨日AmazonBENQのモニターを購入し、今夜MBPRの外部モニターとして使用しています。
24インチワイドで1万5千円ほどなので、非常に手軽に買えました!
ちょっと白色が強い気がしますが、値段を考えると十分な気もします。

 

 MacBookPro Retina

APPLE MacBook Pro with Retina Display(13.3/2.4GHz Dual Core i5/8GB/256GB/Iris Graphics) ME865J/A

APPLE MacBook Pro with Retina Display(13.3/2.4GHz Dual Core i5/8GB/256GB/Iris Graphics) ME865J/A

 

 ちょっと高かったけど、良い買い物でした。

ただメモリーが8GBなので、最近はChromeを開いていると空きメモリーが1GBしかないので、たまに動作が重い時があります。

iMac5Kを購入してメモリー24GBぐらいに増設したいところだけど、25万超えるし、BenQのディスプレイ買っちゃったしであと1年ぐらいはMBPRに付き合ってもらう予定です。

MacBookAirとちょっと比較したのですが、実際のとこMBPRでも13インチなら重たくないし、液晶はRetinaだから綺麗だし、文句のつけようがないぐらい便利なパソコンですね。

 

 

その他

 おもちゃ

コップがさね

コップがさね

 

これは子供用に購入しました、はてなブックマークで「子供におすすめのおもちゃと絵本」といったようなエントリーで発見。

このおもちゃを子供に与えたところ、一心不乱になってコップを重ねていく・・・なんて 内容にグッと心を掴まれたわけです。

実際に2歳手前の子供にあげてみたところ、器用にコップを重ねて遊んでくれました!
遊び方を教えてないのに、自分でコップをつかんで積み重ねていく姿にちょっと感動。

しまう時もかさねてしまえるし、値段も非常に安いし、危なくないのでとってもオススメです!

 

 毛抜き

驚きの毛抜き 先丸タイプ(ブラック)

驚きの毛抜き 先丸タイプ(ブラック)

 

 ずっと使ってた貝印の毛抜きがあんまり使いやすいわけでもなかったので、値段もまぁ安いしと購入してみました。

先が丸いので肌に当たっても痛くないし、気持ちよくスッスッと抜けて小さなストレスから解放されました。

ちょっとの値段で日々のストレスから解放される気持ちよさもあって、今のがダメになっても同じのを買おうと思っています。

 

2人乗りのベビーカー 

コンビ TWINSPIN ツインスピン ブラック

コンビ TWINSPIN ツインスピン ブラック

 

 うちは子供が年子で二人なので、一人が歩いて一人がベビーカー、一人が抱っこひもで一人がベビーカーといった具合でした。

ただ街中でたまに見かける「多人数用ベビーカー」ってどんなんだろうと思い出して、トイザらスで実車を見て、Amazonで購入しました。

2人用ベビーカーって何種類かあるんですが、やっぱり数万はするし、正直高い。
高い買い物なら納得できるものを買おうと思って、いくつか検討した結果これに決めました。

ポイントは横並びで2人が座れること。
2人乗りベビーカーって縦に2人乗るのが多いんですが、狭かったり重かったりデカかったりで使い勝手がちょっとキツイ感じでした。

コンビのこの2人乗りは横幅は多少大きくなるけど、エレベーターに乗れないこともなく、大きな割には取り回しが結構楽に出来る。
値段もべらぼうに高すぎるわけでもないし、メーカーも安心出来るところなのでこれに決めました。

実際に使っていても、やっぱり2人を一度に乗せられるってのはとっても楽です。
年子だったり双子だったりの家族には環境によってはとてもオススメ出来ます。

 

 バッグ

MacBookPro Retinaを購入した際、持ち運び用のバッグとして購入しました。

そんなに安い買い物ではないのですが、MBPRを入れて背負ってみても、そんなに重くない!

そして丁度背中があたる箇所の所にノートPC用ポケットがあるので、他のものとごちゃ混ぜにならずに収容が可能になっています。
多少の雨に濡れても大丈夫なので、デザインが好きであればちょっと高いけど良い買い物といえると思います。

このバッグにノートPC、着替え2日分ぐらいを入れても十分背負える重さなのでちょっと旅行に出る時にも重宝してます。

 

 

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

 

 非常に有名な「影響力の武器」の第三版です、第二版を買おうかと思っていたのですが、第三版が出ることを知って第三版を購入。

結構分厚く(約500ページぐらい)てなかなか読み終えられませんが、実際に読み進めていくと「あ、こういったことあった!」なんて言葉が頭に渦巻きます。

社会科学・社会心理学に分類されると思うのですが、具体的な話を用いて分かりやすく説明をされています。

自動車セールスマンのセールストークなど、読んでみるとどこかで自分が体験したようなことが書いてあります。
逆にそういった「影響力の武器を行使する人」からの逃れ方、うまい付き合い方、追い返し方の勉強にもなります。

分厚い本なので、連休などを利用して一気に読み進めていきたい本です。

 

 

本関連はまだまだ色々とあるのですが、たくさんあるのでまた日を改めて書いてみたいと思います。

 

ついでに2013年に購入した中で素晴らしいものを・・・

FOSTEX ボリュームコントローラー PC100USB

FOSTEX ボリュームコントローラー PC100USB

 

 最近はてぶでも話題になっていましたが、USB接続のDAC(デジタルオーディオコンバーター)です。

たったの5千円でパソコン経由で聞く音楽が超高音質に!!

といっても過言ではないぐらい、自分の場合は実感できました。
基本的にPCにヘッドフォンを直差ししてiTunesで音楽を聴いていますが、体感で分かるぐらいに音が変わりました。

個人差があるので何も変わらないという人もいるかもしれませんが、だてにAmazonでベストセラー1位に輝いてないなという感想です。

 

こんな感じで今年を振り返ってみました。

例えば「友達が買ってるから良い商品だ」とか「売れてるから良い商品に違いない」とか、そういう気持ちを起こさせる、買わせるのも「影響力の武器」の一つなのでした。