東京の隅っこ

渋谷で働く平社員の雑記

転職活動で感じた、怒りを覚えた出来事たち

転職活動の話です。

転職活動をしている中で、合格よりも多数のお祈り(お断り)をいただくのですが、その多数の中でも納得のいくもの・納得のいかないもので大別できます。

実際は納得のいくお祈りなんてそうそうないのですが、今までを振り返って書き残しておこうと思いました。

私は人事職ではないけど、そこそこ転職回数も多く、応募も多いのでよくも悪くも対応が良かった会社、酷かった会社を見てきました。

あんまりにも酷かった出来事

怒りを覚えた出来事たちです。


WEB応募後、即お祈りが来る

昔に比べてWEBの求人媒体も増え、応募側も採用側も色んな選択肢が増えました。

とあるWEB媒体で深夜1時か2時ぐらいに応募した後、5分も経たずに「社内にて厳正に検討をした結果…」と返ってきました。

この話ってもう2年ほど前の出来事なのですが、失礼すぎて未だに覚えているぐらい、衝撃的な出来事でした。

きっと転職回数・最終学歴などでフィルタリングの設定があり、そういった機能が有効になっていたのかもしれません。

百歩譲ってその時間帯に経歴を見ていたとしても、5分で返せるほどの文面でもないですし、そこから百歩譲って文面をコピペだとしても応募者に対して失礼すぎて怒り心頭だった出来事でした。


面接後、1時間足らずでお祈りが来る

ダメならダメで結果は早い方が良いと言うこともありますが、とあるベンチャーでいきなり社長面接となり、面接を開始するやいなや「経歴書見てないんだよね〜」と社長の一言。

WEB応募から面接まで一週間は空いていたし、面接でいきなりそういうことを言うのか…と呆れました。

が、大人なので面接ではちゃんと聞くべき所は聞いたものの、先方から特に大したリアクションもなく、20分程度で終わりました。

面接後、30分程度で「社内にて厳正に〜」とお祈り。

ベンチャーだし、そもそも人事いないし、社長が出てきてるのにテンプレの回答ってどうなんでしょうね、面接行く時間を本当に無駄にした出来事でした。


面談と面接をはき違えているところ

厳密に言えば違いなんてないのかもしれません、選考と言えば選考なんだし。

ただ個人的には面談=正式応募前に話を聞けるフェーズ、面接=正式に応募して選考をするフェーズ、という認識でいます。

六本木にあるとある会社に"面談"ということで訪問したのですが、夜に到着して会議室があるのに「空いてませんから」と社内のオープンスペースに通され、そこで面談開始…

この時点で帰れば良かったんですが、オープンスペースと言いながら、執務スペース内にあって執務席から1メートルぐらいしか離れていないんですね。しかもすぐそばで20人ぐらい仕事してるし。

今までそういう所での面接って多数受けてきた中で一度しか経験がなく、その時は社内ではなく本当のオープンスペース(とあるインターネット企業の来客スペース)だったのでした。今考えるとどうなのよ…とは思いますが。

そんな人が多数いるオープンと呼べないスペースにて、自社の紹介に先駆けていきなり経歴をお話ください…と。

「ん?面談ですよね?」と思いつつ、経歴を喋るものの、すぐ近くで電話取りながら仕事してる人はいるし、なんでそんな状況で過去の社歴を喋らないといけないんだと思いつつ、それなりの対応をした結果、翌日に「面接結果のお知らせ」というお祈りが届きました。

「面談のご案内」で訪問して、その結果連絡が「面接結果のお知らせ」っておかしくない?

しかも役員名義だし、この会社大丈夫か?と思った次第でした。

断るつもりではいましたが、釈然としない気持ちが残ったのでした。


応募者を待たせすぎる

2つの企業であったのですが、応接室にて10分待たされたところ、15分待たされたところでした。

その間、一切の説明も無く「本当に面接担当者は来るんだろうか?」という不安で不穏な気持ちでいっぱいでした。

結果的に来たのですが、1社はお詫びの言葉もなくいきなり面談なのに「経歴説明してくれますか」だし、もう1社はお詫びこそあったものの軽く一言程度だし、応募者のことを何だと思ってるんだという気持ちでいっぱいでした。


面談後の面接がリスケの連続

とある企業に面談に行って、担当していただいたリーダーの方とは話もはずみ、ぜひ面接を受けて欲しいと打診をいただきました。ありがたいですね。

その後、すぐに応募して面談の一週間後に面接をセット…までは良かったものの、前々日ぐらいになって、面接担当の役員の予定が合わず1ヶ月後にさせてくれと(海外出張だそうです)、そして約束の1ヶ月後が近づいてきた面接の3日前に再度リスケの連絡。

しかも「リスケさせてください、どうですか」といった内容で、いつなら良いとかの打診も無し。

ぐっとこらえて、メッセージ内容を確認してすぐに「OKです、いつからなら良いんですか?」と返信したものの、2営業日を経ても先方から一切の返事無し。。

リーダーの方は実は既に転職されたのですが、その人が辞めた理由というのも透けて見えてしまうし、採用対応で完全に失敗していますね。少なくとも私は誰かに勧めることはないし、むしろ酷すぎる対応だったということを話します。


質問を投げて放置、その後採用終了の連絡

とある通信系企業の子会社SIから的外れなスカウトが来たので、どんな所に魅力を感じたのかといったメッセージを投げたところ、数日放置の後、採用終了した旨の連絡が…

もちろん質問の回答はいただいていません。


面接日が決まっているのに、面接前に採用終了の連絡

タイトルのまんまですが、面接の調整が済んでいる候補者と面接するまでもなく良い人がいたんでしょう。


具体的過ぎる事例ですが、改めて書いてみるとちょっと酷すぎるなという出来事ばかりですね。

専属の人事が採用担当をすることもあれば、現場のメンバー・マネージャーが兼務していることもあれば、社長や役員が直接対応していることもあると思います。

私は人事ではないので実際の現場がどうなのかは分かりませんが、採用業務=少なくとも人の人生に関わる、という認識を持って仕事してないのかなと不思議に思うことばかりでした。

また、落とす相手との面接ほど丁寧に対応するという企業があるように、採用を断るということは大半において相手はネガティブな印象を持ちます。

ネガティブな印象を持って終わりで済むのも良くないですが、IT業界って狭い世界なので、いつどこで評判が一人歩きするか分かりません。

ただ個人的な経験から言っても、ここに挙げた会社の対応って人として会社としてどうなのよって思うことばかりなんですね。。


実際、人間はポジティブな出来事よりもネガティブな出来事の方をよく覚えています。

ここに挙げた内容は最近の話もあれば、数年前の話もあり、10年経ったいまでも忘れられない酷い面接の話もあります。(これは書いてないけど)


こんなに酷い会社もあれば、採用されなかったけど対応が良かった・丁寧だった会社というのもあります。

色々と落ち着いた頃にまた書きたいと思います。

久々に

日記を書くための準備用の日記。 不思議なことに先月は月間で35PVもあったようで、どこから流入してきて、どこ見てるんだろうかというのが気になるところ。

やったことリスト

やるべきこと・やらないといけないこと・やった方が良いこと・やりたいこと・やったこと

それぞれ全部できるのなら良いけど、時間も体力も限られているし、出来ることと出来ないことがある。 取捨選択が必要だけど、やるべきこと=やりたいことではないかもしれないし、やるべきことを全て出来ないかもしれない。 これらは出そうと思えばどんどん出てくるけど、実際にやらない・やれなかったことで積み上がってしまい、出来ないことばかりが重くのしかかってメンタル的にもげんなりしてしまいかねない。

だから出来なかったことを積み重ねるよりも、出来たことを積み重ねていくのもアリという観点で、やったことリストというものを作ってみた。

何を使って整理しているのか

自宅でも会社でもMacを使っているので、色んなソフトがある。もちろん有料のもあれば無料のものもある。 以前購入して使ったり使わなかったりして、結局使いこなせないままSSDの奥深くに眠っているOmniFocusを使うことにした。 あとちょっと前からアウトライナー実践入門という本を読んでいるので、OmniOutlinerも使ってみることにした。

OmnitFocusでやってること

OmniFocusにプロジェクトを作る、例えば【2016年7月にやったこと】という名前の入れ物、その中にやったことをアクションとして入れ込んでいく。

アクション=タスクという考え方なので、アクションを作る=既に完了している=チェックアウトという感じ。 変な感じもするけど、そういうやり方なので、とりあえずそのまま進めてみる。

開始日・期限日・完了日なども入れられるので、いつ始めたかはさておき、完了日を入れておくと振り返るのにも良さそう。 アイデアを出す時と同じで、とりあえず大枠(2016年7月にやったこと)を作ったら、細かい分類はせずにどんどん放り込む、プライベート・仕事とかそういった分類は月末のふり返りとか半月のふり返りとかでやってみるのも良いかもしれない。

最初から細かい分類をしていくと、分類するのが仕事になってしまって、疲れそうだし本質からずれちゃいそうな感じがするので気をつけたい。 他には本もどこまで読んだのかをざっと可視化するために、書籍名をプロジェクトにして、その中で1章を1アクションとして作成して読み終わったらタスク完了とするようにしてみたり。

OmniFocusの本来的な使い方とはちょっと異なっているかもしれないけど、色んな使い方が出来るのは面白い所かな。

OmniOutlinerでやってること

今のこの記事を書いてる。アウトライナーの使い方とか実践という意味も込めてやってみているけど、意外と良い感じに整理して書けてるかなという感触。

アウトラインを決めて書こうというんではなくて、見出しを書く→内容を思ったままに書いてみる→一つの句点で一行とする→とりあえず書きたいことがまとまったら、次の見出しへ…という流れを繰り返してみてる。

アウトライナーってこれどっかでやったことあるよなーとか思ってたら、はてな記法がまさにそのまんまだった気がする。 1年ちょっと前にアウトライナーに出会って、会社で企画書を書くときとか考えをまとめる時にやってみてたのだけど、あんまり馴染めなかったのです。 でも最近はてな記法で文章を整理することが多くて、なんかもっとこう汎用的に出来ないかな〜とか考えていた折にアウトライナー実践入門が出版され、それを読んでいるとはてな記法じゃん…と。

OmniOutlinerは見出しに色が付けられるので便利、白地に黒い文字だけだと階層型になっていても段落がパッと分かりづらかったりするので、色を付けるとどこからどこまでが何について書いているのかが分かって便利。

しかしOmniOutlinerはそこそこイイ値段するのが結構な悩み、便利だけどね。

iPad mini4でのスプリットビューとスプリットオーバー

iPadにServerauditorというアプリがあって、iPadからssh接続が出来るのです。

画面が小さいけど、画面半分はKindleで技術書を読みつつ、もう画面半分はServerauditiorでsshしてサーバー触りつつができればPCいらないし一石二鳥!

ということを考えていたのですが、iPadKindleアプリはスプリットビューにもスプリットオーバーにも対応していないことが実機を触って判明。。。

iPadBluetoothのキーボードを接続して、これができればすごく軽量化できるのではと思っていたのです。 うーん、つらい。

こうなるとPCは必須でiPad miniKindle表示させながらということになりそう、視線の移動がちょいちょい発生しそうなのでどうなんだろうという気もしつつ、仕方がない。

一年ぶりの更新です

ほぼ一年ぶりの更新です、嬉しいことに昨年の春に内定をもらった会社で今も勤務しております。 なかなか忙しいこともあり、文章を書いて遺すということができなかったのですが、一年前のことを思い返すと、毎日転職活動をしていてもっと忙しかったなぁと。 そう思い返すことが出来るのも、こうやって文章に遺していたからということを考えると、小さなことでもちゃんと遺さないとですね。

こう、出かけて家に帰るとやる気がなくなってしまうので、何とかしないとと思いながら日々頑張ってます。

内定いただきました

2月頃から始めた転職活動にやっと終止符が打てそうです。
お陰様でいくつかの企業から内定をいただきました。
どれにするかはまだ決まっていませんが、心の中では決めています。

自分はいわゆる普通の人よりも相当変な人生を歩んできたのですが、
いつも思うことに「離婚と退職は似ている」という気がします。

何か大きな出来事があって退職する人もいれば、新しいチャレンジを求めて、
小さなことが積み重なってなどなどあると思います。
そして入社する時は終わりを決めて入る人はあまりいないと思うのです。

思い返せば、2010年に都内で開催されたIT勉強会に参加して色んなものを見聞きして
それを書き残そうとしていたのがはてなダイアリーでした。
書いたり書かなかったり、書けなかったりでだらだらずるずるやってきたけど、
こうやって日々思ったことを書き残すことの大切さを最近感じます。

何をやってきたのか、何をやるのかは別の機会に書ければいいなーって思います。


ただ一つ言えるのは、人生何が起こるか分からないし、そのちょっとの行動や
ちょっとの出会いがなければ、たぶん転職先に応募することすらなかっただろうと。
そう考えると、全て見えない何かで仕組まれた運命だったりするのかもしれないね。

なんて思いつつ、取りあえずの記録でした。

続々転職活動

いつも思うけど、離婚と退職は似ている気がします。
誰しも最初から離婚・退職することが前提で結婚・入社することはないでしょう。
もちろん一部は例外があると思いますが。

転職活動は変わらず継続中。
一次面接までいけるところもあれば、書類で落ちるところもあり、一進一退な感じ。
でもなかなか一次面接から先にはいけない。

いわゆる"総合的な判断"なんだろうけど、なかなか合う所が見つからない状態。
今まで色々な会社で色んな環境で幅広くやってきたけれど、評価してくれるところは
評価してくれつつ、他者との兼ね合いにより~という状況。


あといくつか受ける面接が決まっているところはあるので、そこがダメだったら
あと一年頑張ってというのも一つの道かもしれない。

続転職活動をしていて思うこと

継続して転職活動中。

夜中に応募して、その2分後に「検討を重ねた結果…」・・・・・・いや絶対に見てない。
きっと転職の会社数や学歴でフィルタリングしていることは間違いないけど、さすがにこれは
ちょっといくらなんでもないなぁ。。
フィルタリングで自動返信するにしても、もうちょい色々考えてシステム組んだ方が
良いんじゃないかと思いました。
さすがに10分もないわと思ったけど、それを超える2分・・・・

リクナビに「辞退をする前に不安なことを聞いてみましょう」とあったので聞いてみた。
募集要項と自分の経験とスカウトのメッセージがややちぐはぐな感じ。
なので「これこれこういう経験なので、どういう点が活かせると感じたのでしょうか?」と
送ったところ、数日放置の末にきた回答が・・・
要約すると「今回の募集で結構反響あったから、もう締め切りました」以上、これだけ。
数日放置の上に質問に対する回答もなく、一方的なシャットアウト。


締め切ったのは分かったから、とりあえず質問には答えて欲しい。

なんだかなぁって感じのことばかりです。

転職活動をしていて思うこと

色々と訳あって最近転職活動をしています、もちろん会社は辞めていません。

今まで人事を主業務でした経験はないのだけど、転職活動をしていてよく思うのが
お祈りメールでものすごく凹む。
よく新卒の就職活動とかでも話題にのぼるけど、ほんと凹む。

もちろん今までの経験と積み重ねてきたもの、キャリアの志向、それらが応募先の
企業にマッチするかどうかが大事なのだけれど。
でも転職サイトで応募して数分で検討しますメール、その数分後(応募から10分ぐらい)に
お祈りメールが来た時には凹みを通り越して、その企業にヘイトな感情を持ってしまった。

視点を変えて、そんな企業に応募して書類通って面接行って、運良く入れたものの
やっぱり合わないから辞める・・・っていうムダな時間を使わなかった(かもしれない)から
ヨシとしようという考え方もあるとは思う。
でもさすがに応募10分でって、きっと転職回数やら何かをシステム的に判断して自動的に
処理をしているんだろうか。。って考えてしまう。


よくクレーマーを生んでしまう理由に、顧客の期待値とサービスレベルが噛み合ってないって話があります。
顧客が高い期待値をもって臨んだのに、サービスレベルが低くてクレーム。
これを面接に置き換えてみると、すごく手応えがあったのに返ってきたのは通り一辺倒なお祈りメール。
ガックリと肩を落として沈み込んでしまうし、あんなに盛り上がった面接はなんだったんだろう・・・と
余計な方向に考えが向いてしまいかねない。
そして結果連絡を受ける前まではノリノリだったのに、結果を受けてからはヘイトな感じに。

断り方ってたくさんあるし、きっと変に波風を立たせないための一つの様式美として落ち着いちゃった感じもするけど、
すごく盛り上がった面接だったら、なおのこと落とした理由を知りたくなるし、教えて欲しい。
フィーリングが合わないとか、直感的にダメだと思ったとか、抽象的過ぎて何とも言えない文章になるのかもだけど
「上手い断り方」ってのはお祈りメールだけではない気がしてならない。
とっても難しいだろうことは分かるけど。


そして面接の場というのは、企業が応募者を選別する場であると同時に、応募者が企業を選別する場でもあると思うのです。

もう数年前の話、渋谷にあるIT企業の話。
書類は通過、一次面接も通過、二次面接の前に給料の提示をされたのだけど、IT業界での経験があるにも関わらず最低給与での提示。
当時の給料の半分程度だったので、理不尽にも程が有ると思って理由を聞いてみたところ、理由は「活躍できるか分からないから」とかなんとか。
もううろ覚えではあるけど、閉口するような理由でした。
どうしても会社を辞めたかったので、理不尽ながらも二次面接を受けたものの、社長が遅れて到着して
面接の受け答えをやっている途中で「分かりました」と一言述べて退席。
面接を受けている自分、その場に同席していたその会社の社員、みんな一同何も言えない気まずい空気に。。

結果はもちろん二次面接落ちだったけど、万が一にでも通っていたとしても入社はしたくありません。
もちろんそれ以後はその会社は大嫌いになりました、個人の感情ですし、取引はないけれどね。
そういうことを平然とやってのける社長がいるってのにびっくりしたけど、数年経過しても覚えてます。

面接を受けて良かった、落ちたけど仕方が無い、っていかに思わせるか。
良い気持ちにさせてヘイトを増やさないようにするか、そういうのって結構大事なんじゃないかなと思ったり。



自分がもしそうなる立場になったら、しっかり気をつけます。

普段使っているアプリの一部

普段Macで使っているアプリケーションをちょっとだけまとめてみました。
すべてまとめると10や20は超えてしまうので、ちょっと便利になるアプリでまとめてみました。


1.Alfred

コマンドランチャーです。
導入するまでは実際のところ「そんなに使わないだろう」と思っていましたが、導入して頑張って使うようにしてみたところ、意外と便利でした。
自分の使い方としては、Commandキー2回押しでAlfredが起動するようにしています。

MacAppStoreでも公開されていますが、本家サイトよりダウンロードしました。
有料化してワークフローを使いたいところですが、今の所は無料の範囲で十分です。

Alfred本家サイト

2.Mou

マークダウン形式のテキストエディタです。
画面の左側がエディター部分、画面の右側がビューワーとなっています。
はてなブログもマークダウン形式に対応していますが、まだ慣れていないのもあり、編集した結果がすぐに分かるMouがとても便利です。

現在ベータ版となっていますが、プレオーダーで50%OFFとなるようです。

Mou本家サイト

3.FormatMatch

コピペする際、余分な書式を取り除いてくれるアプリケーションです。
よくMacのターミナル画面からEvernoteへコピペするので、その際にターミナルの背景や文字色までコピペしてしまうのがなくなりました。

4.Freeman

MacAppStoreで1位にもなっているメモリークリーナーアプリです。
よくメモリがいっぱいになってしまうことがあり、気がついた際に手動でメモリ掃除をしていましたが、これを使えば自動的にしきい値を超えるとクリーニングしてくれるので便利です。

5.PopClip

右クリック不要になります。
文字列をなぞる → ポップアップでメニューが出てくる → メニューをクリック これで動作が完結します。
メニューというのは「文字列をGoogleで検索する」とか「リンクを開く」とか「カット・コピー・ペースト」とか「指定したアプリケーションと連携する」などです。
Macは右クリックの反応が鈍いこともあり、導入するまでは使うかどうか半信半疑だったのですが、今ではとても重宝しています。


こんな感じです。
ほんのちょっとのまとめな上に有名所ばかりですが、やはり有名なだけにどれも便利です。