東京の隅っこ

渋谷で働く平社員の雑記

こうして私はMacBookPro Retinaを買いました

ちょっと出遅れた感はあるものの、MacBookPro Retinaを購入しました。

せっかくなので、購入に至る経緯とか諸々を書いてみたいと思います。

 

■購入に至った経緯とか理由とか

 今の仕事は開発ではありません、でも仕事上はある程度開発に関わることを

 知っておいた方が良いため、開発用マシンってことで購入を決めました。

 また、過去にちょっとでも開発の経験があったこともあり、またやってみたいって

 気持ちと、iPhoneアプリを開発してみたい気持ちもありました。

 

■なぜMacBookPro Retinaなのか

 <価格について>

 購入を決めたMBPRは13インチでメモリ8GBの256GBタイプです、いわゆる竹モデル。

 比較対象はMBAの13インチでした。

 今後数年は使いたいなってことを考えると、どうしてもメモリは8GBは欲しい・・・

 でもMBAはメモリが4GBしかなく、後付け出来ないのでCTOで買うしかない。

 CTOでメモリ8GBにすると、最安値で12万円ほどの構成になります。

 メモリ4GBで妥協すると、量販店で買えば安くなるけど、4GBは「うーん…」と悩む。

 

 MBPRの竹モデルは定価で購入すると、15万5千円です、定価の場合は3万5千円の価格差。

 でも量販店で購入すると、ポイントやら値引やらで随分と安くなり、直接比較では

 ないものの、結果的に12万3千円まで下がりました。

 

 <発売時期について>

 2014年6月には新しいMBAないし新しいモデルが発表されるだろうという噂があります。

 今MBAを買うと、結構半端な時期になってしまう。

 でもMBPRなら10月発売なので、そこまで出遅れた感もなく...という点もありました。

 

 <想定している利用パターンについて>

 ノマドっぽい感じでカフェやらでMacを開いて本を読みながらプログラミング!

 という感じではなく、会社に持って行って、終業後にフリースペースで本を片手に

 プログラミングということを想定しています。

 なので、基本的には持ち運びするんですが、MBAとMBPRとの重量差はおおよそ200グラム。

 厚みに関してはMBAもMBPRも最厚部が同じなので、厚みも重みもそこまで差が無いし

 気にならないかなという感じです。

 

■まとめると

 購入場所にもよるけど、MBA13インチ(メモリ8GB)とMBPR13インチの価格差は5千円

 MBPRのほうが200グラム重たい

 MBAよりMBPRの方が液晶が綺麗、解像度が高い

 MBAよりMBPRの方が発売時期が遅い

 

ということで、MacBookPro Retinaの13インチを購入しました。

持ち運び用のリュックやケースなども買っていきます!