読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京の隅っこ

渋谷で働く平社員の雑記

何をやっていいのか分からないとき

元々趣味らしい趣味と呼べるものもなく、ぽっと時間が出来ると何をやっていいのか分からなくなる。

うまいこと時間・気持ち・行動が噛み合っていない、そんな感じ。

 

そんな時にすべき?した方がいい?してみるのもあり?なこと。

  1. 読書
  2. 動画視聴
  3. 勉強
  4. 何もしない

買ったのに読んでいない本、電子書籍はたくさんあるけど気が進まない。

動画視聴をしようにも時間が足りない(2時間の映画を観るとしたら)

勉強をしようにも気分がのらない、Pythonは気になるけどね、あとインフラ。

結果的に何もしないという選択肢になってしまう。

 

感情とはコントロール出来ないものなので、気分が乗らないときは諦めて、タイミングをキャッチできるまで

そのまま気ままに流しておくのが良いのかも知れない。それが出来るならば。

 

モチベーションとはやってくるものであり、主体性とは自分から掴むものらしい。

必要性に迫られているのにやらない、ってのは必要性に対して「まだいいだろう」的な甘さを内包している気がする。

 

なんて書いていると、じゃあやるか、やらないといけないな、ってなるんだろうけどね。