読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京の隅っこ

渋谷で働く平社員の雑記

社長の素質

仕事

まだ先の話なんですが、えらい人をやらないかと誘いを頂きまして。

詳しくは長くなってしまうので割愛するけど、ごく少数(2~3人)で

起業して、えらい人をやらないかと。

 

社長なんてやったことはないですが、零細企業で役員になった経験があり、

その時の社長から学んだことを書いてみたいと思います。

 

 

■社長の素質

 人には向き不向きがあるけど、社長やら役員になる人、なれる人、そして

 なっていい人ってのはあるかなと思います。

 

 えらい人たるもの・・・というわけではないけど、会社を引っ張る人や

 その役割を担う人ってのは、社員の家族の生活の責任も重くのしかかる。

 それを意識した上で仕事が出来るかどうか。

 そしてその重責に潰されることなく、働けるかどうか。

 

 会社の金をどんぶり勘定ではなく、キチッとした分別のもとに適材適所に

 金を使って、不要なものは絞ることが出来るかどうか。

 

 会社が危ない時、自分の資産を会社に注ぐことが出来るかどうか。

 

 儲けを独り占めせず、皆に分配が出来るかどうか。

 

 

ちょっと偏りがあるかもしれないし、色んな人がいて色んなえらい人がいるけど、

えらい人ってこういうことなのかなと思います。

 

最後に一つ、自分がやりたいことが自分自身に素質があるかどうかを見極め、

仕事上ではそのやりたい気持ちを抑えて、自分がやるべきことをやれるかどうか。

これってすごく大事なことだなーと思うのです。