東京の隅っこ

渋谷で働く平社員の雑記

春の雪

明後日で上京して十数年が経過します、上京記念日ですね。

十数年前は3月末日だというのに雪が降る悪天候という、未だに忘れられない日でもあります。

地元は晴れてたみたいだけれど。

 

自分自身の成長度合いを図る時、どうしてもその基準が上京した日からになってしまう。

あの日から、あの時から、というように自分で自分に暗示とも呪いともいえるような。

状況的にも呪われているんじゃないかと思える最中だったもんで、未だに春は好きになれません。

 

 

最近、就職活動の時期なのかはてな界隈でも「働き方」に関するエントリーや記事をよく見かけます。

「働き方」や「稼ぎ」を考える時には、いつも対比として自分の父親や兄がでてきます。

父親や兄と比べて、そこに追いつけているのか、まだまだなのか。

自分の年齢と同じごろの父親や兄の稼ぎがどうだったのかって聞いた事はないけれど、

どれだけ働いても未だに勝てる気がしない。

それこそ人の二倍働いていても勝てる気がしない。

いつか超えられる日はくるんだろうか、どうだろう。

ということを十数年前に思い、今も考え続けています。

 

そんな父親の最後に生きている姿を見たのは、上京する前日。

次に姿を見たのは数年前に孤独死して干からびた姿だったのだけれどね。

 

だから超えるとか超えないとかどうでもよくって、自分の独自路線を突き進めばいいのかもしれない。

自分自身の生き方自体がもう独自路線なのにね。